中学受験ではレベルに合った勉強方法をとらないといけない

中学受験ではレベルに合った勉強方法をとらないといけない

中学受験ではレベルに合った勉強方法をとらないといけない 中学受験においてはいろいろな科目を勉強していきますが、その子のレベルに合った勉強をしていかないと、成績は上がっていかないでしょう。それはつまり、受験を突破するためのレベルの勉強を必ずしもするのではなく、基礎の勉強から始めていった方が良い場合もあるということです。

例えば、特に算数には当てはまる事が多いのですが、受験に受かるレベルの問題が全く解けない子がいます。そういう子は実は小学校低学年レベルの算数の実力しかなかったりする場合もあります。

中学受験に受かるには、中学受験で出るレベルの問題を練習しないといけませんが、それくらいの実力しかない子がいきなりそのレベルの問題を解けるはずもありません。この場合にはその子の算数の実力をまずは把握し、そのレベルに合った勉強から始めていき、少しずつレベルを上げていって、最終的に受験で出題されるレベルの問題を解いていくというプロセスをとっていくのが良いでしょう。

実力が低い子はショートカットをして、いきなりレベルの高い問題をやってもなかなか解けるようにならないので、簡単な問題を解けるようにして、基礎を積み上げていくイメージです。そうやって、時間はかかるかもしれないが、ちゃんとレベル別に勉強をしていくことにより、最終的に中学受験レベルの問題を解く勉強をするときには理解力や上達の程度が変わってくると思うので、いかに子どもの実力がどのレベルにあるのかを見極めて、それに見合ったレベルからスタートできるかというのが重要になります。

お知らせ